木目金の結婚指輪が生まれた背景を調査してみたい

結婚指輪は毎日指につけて日常の生活をするものなのでシンプルなデザインのものが多いですね。

また、傷もつきやすいので14金など、18金よりは硬い金も人気があると言われます。

シンプルなデザインと言っても、長くつけるものですから、凝った素敵なデザインの結婚指輪が欲しいと思う人も少なくないでしょう。

シンプルでありながら独特の模様を施した木目金(もくめがね)の結婚指輪も人気があります。

木目金は日本独特の金属加工技術で、江戸時代につくられたものだと言われています。

いろいろな素材の金属を)は、重ね熱しては叩く作業を繰り返して地金を作る作業は、日本人だからこそできた技術ではないかと思います。

日本人が持つ緻密さ、丁寧さ、根気の良さがこのような伝統技法を生んだのでしょう。

木目のような模様、市松模様の模様など、独特な模様は、シンプルなデザインの結婚指輪をとてもゴージャスにそして存在感あるものにしてくれます。

木目の模様は自然を感じることができ、冷たいイメージの金属でありながらどこかあたたかさを感じます。

同じ模様でありながら、その日によって違う表情を感じるのではないでしょうか。

そんな魅力的なデザインの結婚指輪は人気が出るのも納得です。